CD-R盤面印刷のページTOPはこちらから


盤面印刷・ジャケット印刷のデータ作成方法


盤面サイズ・トンボ・塗り足し

盤面の印刷範囲は、「文字ロゴ盤面印刷」の場合、直径114mmサイズの円の中央に直径38mmの空きが入り、「写真画質印刷」の場合は直径118mmサイズの円の中央に直径24mmの空きが入る形になります。

原稿は正方形のデータでも構いません。補助レイヤーなども含めていただいて結構です。
Photoshopデータの場合、トンボは不要です。
Illustratorデータの場合は、トンボを作成してください。トンボが作成されていない場合、弊社で調節することになります。

ドーナツ状のトリミングは不要です。
断ち切りの画像は、天地左右それぞれに3mmの塗り足しを作ってください。

盤面サイズ


画像解像度

カラー原稿は300dpiで作成してください。グレースケール原稿の場合は300dpi、モノクロ2階調の場合は600〜1200dpiで作成してください。
携帯電話で撮影した300dpi以下の写真データもお受けしますが、全面印刷すると仕上がりが荒くなります。デザインを工夫すれば美しい仕上がりになりますので、ご相談ください。

保存・ファイル形式

Illustratorで作成した文字は、必ず『アウトライン化』しておいてください。
Photoshop5.0以降は文字のラスタライズを行ってください。
保存形式は、Illustratorの場合「ai」形式、Photoshopの場合は「psd」形式をおすすめします。
Illustratorへ配置した画像は必ず添付してください。



CD-R盤面印刷のページTOPはこちらから